病気について

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の量が減り、もろくなった状態です。骨粗鬆症は自覚症状がほとんどなく骨折をして初めて気付く場合も少なくありません。

ひどくなると骨折を起こして寝たきりの原因にもなり、寝たきりの原因の第2位は骨粗鬆症です。

当院では、MD(microdensitometory)という日本で開発された保険適用の骨密度測定法を用いて検査当日に骨量減少を早期に発見、数値化し適切な予防法や治療指導を行うことが出来ます。

また、骨粗鬆症の治療が必要な患者さんに対し、血液検査により骨代謝マーカーという因子を測定し特に最近では多岐に渡っている骨粗鬆症治療薬の薬物選択の指針としています。

骨粗鬆症